ティーチャートレーニング






ヨガとアーユルヴェーダの融合

全存在にヒーリングとバランスを齎す古代のツールとプラクティス

日本初開催


日本ではヨガスポットのみで開催可能な特別企画!



Ayuryoga アーユルヨガ正式指導者トレーニング

この10間のプログラムを修了後アーユルヨガ正式指導者として認定され、
アーユルヨガをガイドする事が可能です


アーユルヨガWS&座学
単発参加可能

2015年12月4日〜13日

Ayuryoga Instructor Training &Ayuryoga WS

講師:マリア・ガーレ 

お申込受付は終了しました



YOGA SPOT認定のヨガティーチャートレーニング300・500時間プログラムへ単位加算

★すでにヨガ講師養成講座200時間を修了されている方は当プログラムをヨガスポット認定の300・500時間ヨガティーチャートレーニングの一環として受講する事で全米ヨガアライアンス500時間登録講師(RYT500)としての登録が可能です。


★コースは英語で行われますが、全クラス日本語通訳付き


スペシャル企画!日本初開催!正式なAyuryoga アーユルヨガ・インストラクター・トレーニング。この10日間のプログラムを修了後、アーユルヨガ講師として認定され、アーユルヨガをガイドする事が可能になります。また、毎朝行う、(10〜12時)のアーユルヨガ・ワークショップと午後の座学(4〜7時)は単発参加可能です。

朝のアーユルヨガWSは毎朝、1つのドーシャ(体質:ヴァータ、ピッタ、カパ)の乱れを調和する呼吸法、ポーズのシークエンスと瞑想を学びます。午後の座学はアーユルヴェーダとヨガについての講義になります(テーマは日替わり)。日別のテーマ、スケジュールはページ下部をご参照ください。


米国のアーユルヴェーディック・インスティテュートの世界的著名なアーユルヴェーダの医師、ドクター・ラッドにより編み出されたAyuryoga アーユルヨガ正式認定インストラクターはまだ日本に一人もおりませんので、本格的にAyuryoga アーユルヨガを日本で指導したいとお考えの方はまたとないチャンスです!


すでにヨガ講師をしている方でヨガセラピー、アーユルヴェーダ、ハタヨガをセラピー目的として指導したいとお考えの方、アーユルヴェーダに基づいた、体質の乱れを整えるハタヨガに興味のある方、ヨガ講師としての技術、知識向上を目指している方、ヨガクラスのレパートリーを増やし、専門性を持ちたい方々、ぜひご受講ください。


Ayuryoga アーユルヨガ・インストラクターを養成できるのはアーユルヴェーダの名医ドクター・ラッドとマリア・ガーレ先生お二人のみになります。







Ayuryoga アーユルヨガは人々の健康をサポートする為、米国ニューメキシコ州にある、アユルヴェーディック・インスティテユートの設立者ドクター・ヴァサント・ラッドにより編み出された、ヨガ、ヴェーダ科学、アーユルヴェーダ、ヨガセラピーをブレンドしたハタヨガセラピーです。



アーユルヴェーダでは5元素の組み合わせにより構成されている体質、ヴァータ、ピッタ、カパと言う3つの体質(ドーシャ)が季節、生活環境や生活習慣により乱れる事から心と身体の不調和が生じると考えています。アーユルヴェーダとヨガの科学をブレンドさせたハタヨガの練習、Ayuryogaはドーシャのバランスを整える瞑想、呼吸法、ムードラ、ポーズをシークエンスし、心と身体のバランスをサポートし、整えるヨガクラスです。各人のその日の体調やコンディションに合わせながら、数種類のやさしいポーズを流れる事なくゆっくりと行います。ヨガ初心者から上級者どなたでも無理なく行え、様々な心と身体の不調を改善するヨガセラピーの要素を含んだクラスです。

アーユルヨガクラスは呼吸法、瞑想とやさしいヨガのポーズで構成されているため、リハビリ目的やシニアの方々も無理なく行っていただける内容です。





当トレーニングでは、アーユルヨガの原理を学び、プラーナヤマ、呼吸法、アサナ、ポーズ、ムードラ、瞑想がどの様に私達にヒーリングを齎すか体感、体現し、理解を深めていきます。アーユルヴェーダとヨガの理論と実践を通し心と身体のヒーリングの科学を学び、セラピー目的の正式なアーユルヨガの安全な指導方法を学びます。



当トレーニング受講生は、消化機能、栄養学、ディナチャリア(日々のセルフ・ケアー)の理解を深め、ヨガ&アーユルヴェーダ哲学、アーユルヴェーダのドーシャ(体質)、サブドーシャに基づいたクラスの構成方法などを学び、各人の体質に合ったクラスやライフスタイルの提案をする知識と技術を習得する事が出来ます。トレーニング修了後は、人々を健康へと導く様々な知識、ツールが増えている事でしょう。



毎朝のサダナ(プラクティス)から始まり午後の座学で理論を学んでいきます。アーユルヨガのプラクティスがどのように私たちの健康をサポートしてくれるかを体感し、ヨガにアーユルヴェーダの理論を融合する方法を学びます。



さらに、太陽と月の持つヒーリングの性質、その教えを探究し、理解を深めていきます。アーユルヨガのプラーナヤマ(呼吸法)を通し日々の生活がポジティブに変化する事を体感し、基本的なヨガのポーズが身体と心の健康のサポートになる事を体現していきましょう。




アーユルヨガ指導者トレーニングの主なプログラム内容



  • 様々な心と体のバランスの乱れ、体質の乱れを調和するプラーナヤマ、呼吸法(ドクター・ラッドが教授する10種類の呼吸法)
  • 太陽礼拝、スリヤナマスカー、月の礼拝チャンドラ・ナマスカー、マントラを使う瞑想法
  • 各ドーシャの乱れを調和する太陽礼拝と月の礼拝のバリエーション(例:ヴァータを調和する太陽礼拝のバリエーション)
  • エンプティーボール瞑想
  • アーユルヨガベーシックスの指導方法 
  • ポーズの安全で的確な修正方法、アジャスト&アシスト
  • 季節に合うアーユルヨガクラスの構成方法、シークエンス方法、指導方法
  • 各ドーシャ(体質)の乱れを調和するアユールヨガクラスの構成方法、シークエンス方法、指導方法
  • プラクリティ、ヴィクリティ、アグニ(消化力)のバランスを調和するアーユルヨガクラスの構成
  • アーユルヨガにとっての季節、時刻の重要性を学びヨガの練習と指導にアーユルヴェーダの根本原理を入れる方法
  • クライアント、生徒、一人一人に合ったディナチャリア、セルフケアー、ライフスタイルの提案方法


★プログラム内容は予告なく変更になる場合がございます、予めご了承ください

本来はアメリカまで渡航しなければ受講できない当プログラムです。アメリカ渡航には沢山の費用、時間、エネルギーがかかります。その上、英語がネイティブレベルで理解できないと受講不可能なプログラムですが、短期間でリーズナブルな受講料で、日本語通訳付き、日本でアーユルヨガ正式指導者認定プログラムを提供できる事をうれしく思います。

ヨガ講師をされている方でスキルアップやヨガとアーユルヴェーダを融合した専門知識を増やしたい方、セラピー目的のヨガでクライアント、生徒、プライベート・クライアントの不調改善に役立つクラスを提供したい方、シニアやリハビリ目的のヨガクラスを提供したい方、自身のセルフケアーとしてアーユルヨガを取り入れたい方々、ぜひこのチャンスをご活用ください。


アーユルヨガWS 12月4日〜13日:10〜12pm(単発参加可能)

毎朝のアーユルヨガ、スペシャル・オープンクラスでは、アーユルヴェーダに基づいたヨガセラピー、呼吸法、プラーナヤーマ、瞑想を行います。毎日ヨガとアーユルヴェーダの様々な原理にフォーカスしたアーユルヨガクラスを体験していただけます。



<日別テーマ>

12月4日、12月5日


アーユルヴェーダとヨガの教えを融合したヨガセラピー、ヒーリング・クラス。元素に基づいたシークエンス(ポーズ構成)を通し心身共にバランスを取っていきます。プラナヤーマから始まりスーリヤーナマスカーまで流れ、そしてトライ・ドーシック(3つの体質、ドーシャの乱れを整える)のアーユルヨガのシークエンスへと進み瞑想へと流れていきます。アーユルヨガのクラス後、安定感とエネルギーを感じられる事でしょう。


12月6日:
ヴァータ・ドーシャを調和し整えるアーユルヨガ

12月7日:ピッタ・ドーシャを調和し整えるアーユルヨガ

12月8日:カパ・ドーシャを調和し整えるアーユルヨガ

12月9日:健康の要である消化力を健康に維持し、整えるアーユルヨガ(トレイドーシック:3つのドーシャを整える)

12月10日:ヴァータドーシャの5つのサブタイプ(サブドーシャ)への理解を深めるアーユルヨガクラス

12月11日:ピッタドーシャの5つのサブタイプ(サブドーシャ)への理解を深めるアーユルヨガクラス

12月12日:カパドーシャの5つのサブタイプ(サブドーシャ)への理解を深めるアーユルヨガクラス

12月13日:
スーリヤー・ナマスカー。太陽の12のマントラを学び、マントラを唱えながらの太陽礼拝を実践します。体、心、魂のバランスをもたらすアーユルヨガと瞑想を通し太陽のパワーに礼拝しよう。

 

 




アーユルヨガ座学 12月4日〜11日:4〜7pm (単発参加可能)


マリア・ガーレーによる、アーユルヴェーダに基づいたヨガセラピーの指導方法とプラクティスの座学、ワークショップ。


<日別テーマ>

12月4日:
アーユルヴェーダの基盤であるグナとドーシャについて学び、これらをヨガのプラクティスと人生に活用する方法を深く学んでいきます



12月5日:アーユルヴェーダのプラクルティ、ヴィクルティ、ドーシャ、ヴァータ、ピッタ、カパについて詳しく学びます


12月6日:ヴァータ・ドーシャについて

12月7日:ピッタ・ドーシャについて

12月8日:カパ・ドーシャについて

12月9日:消化力について詳しく学び、アーユルヴェーダにおいてのアグニ(消化の火)について深く学びます

12月10日:
アーユルヴェーダの日々のセルフケアー方法、ディナチャリアについて

12月11日:地球のリズム、
自然のリズムとつながる方法。アーユルヴェーダの季節のサイクルに基づくセルフケアー方法、ルトゥチャリアを学び、ヨガサダナ(プラクティス)と人生にポジティヴな変化を与えよう





Click here to register in English


 

日程&スケジュール



2015年12月4日(金)〜13日(日)10:00〜19:00

 

•この10日間のプログラムを修了後はアーユルヨガ指導者として認定され、アーユルヨガのクラスを指導する事が可能になります。

•当プログラムではアーユルヴェーダの理論をヨガに取り入れる方法をお伝えする事を重視しているため、既にヨガの基礎知識がある事を前提としています。ご受講希望の方はヨガ講師養成プログラム200時間を終了している事が必須となります。ヨガ講師養成コース200時間の認定書はどのヨガスタジオ、スクールからでもOK。

マニュアルは英語です、トレーニングの授業で日本語でメモを取っていただく形になります。



 

申込書が届き次第、予約確認書をメールいたします。3日以内に届かない場合はお知らせ下さい。 お申し込み後、期日以内にYoga Spotにてもしくは銀行振込でのお支払いになります。 申込済みの方でも、ご入金が期日内に確認できない場合、ご予約をキャンセルさせていただき、ご入金済みの方を優先させていただきます。全額入金確認をもって申込完了とさせていただきます。

 

会場

 

ヨガスポット|横浜元町中華街|イーストゲートビル7階

• 横浜元町中華街、みなとみらい線、元町中華街駅、中華街東門(朝暘門)2番出口より徒歩1分 

• JR石川町駅、元町出口、中華街出口より徒歩10分

 


 

 

自己の更なる成長と進化のため、ヨガインストラクターとしての成長のため、そして生徒にさらに豊かな知恵と癒しを与えるためのアーユルヨガ・ティーチャートレーニング

 






マリア・ガーレ|Maria Garre 
e-ryt 500 Ayurvedic Practitioner 
Prana Flow® Yoga Ayuryoga®

 

Prana Flow® Yoga のシニア・ティーチャー・トレーナーそして、アーユルヴェーダの教師である、マリア・ガーレは、長年の間ヨガとアーユルヴェーダを熱心に学んでいる。

 

インドへの長年の旅での体験と10年間の大学と大学院で学んだ生物学、生物医料学、哲学、教育学の知識と経験をヨガとアーユルヴェーダの教えに取り入れている。

1998年にヨガの学びを始め、2005年にアーユルアヴェーダの勉強を始めた。2006年からヨガティーチャーを養成するティーチャー・トレーナーとして、多くの人々をヨガティーチャーへの道へとガイドしている。

 

現在、マリアは、世界的に著名なアーユルヴェーダの名医、ドクター・ヴァサント・ラッドが校長を努める、サンタ・フェにある、Ayurcedic Institute アユルヴェディク・インスティテュートの教員として、Shiva Rea のSamudra School of Living Yoga サムードラ・スクール・フォー・リヴィングヨガのシニア・ティーチャー・トレーナーとして、アナンダ・ヨガ・シャラ・ヨガスタジオのディレクターとして活動している。

 

マリアは、ヨガとアーユルヴェーダ両方を取り入れた、ワークショップやティーチャートレーニング、リトリートなどを行っている。

 

クリパル・スクール・オフ・アーユルヴェーダのプログラムを修了し、サンタ・フェのアユルヴェディック・インスティテュートにて アーユルヴェーダの名医、Dr.Vasant Lad (ドクター・ヴァサント・ラッド) に師事し、アーユルヴェーダを学んでいる。




Copyright(c) 2006-2012 Yoga Spot All Rights Reserved.