ワークショップ&イベント









New York トライベッカのヨガスタジオ、Shriyoga のオーナー 

エリザベス・ロッサ来日! ヨガ、瞑想、哲学イマージョン Discovering What is Sacred 

2012年11月18日(日)

アシュタンガ・ヴィンヤサヨガ・インテンシィブ



9:30am 〜12:00pm

自分の人生の中で何が最も大切かを探すための、エネルギーをよみがえらせて見ませんか?私達人間は、観察し観察され人生を体験しています。このワークショップでは、チャレンジング且つ瞑想的な、ワイルドでインテリジェントなリチャード・フリーマンによるアシュタンガヨガのシークエンスを元にヨガの内部形式を探って行きます。プラーナヤーマ(呼吸法)瞑想のテクニックを通して心身共に高い意識と繋がり、そしてヨガプラクティスに対しての好奇心を高め驚嘆する体験をして行きます。

さらに逆転のポーズとフィニシングポーズをクリエィティヴな目線で探って行きます。これらのポーズは、度々急いでしまったり無視されてしまいがちですが、このワークショツプでは、最もグラウンディング、そしてヒーリングを齎してくれるポーズを追求して行きます。オールレベル対象のWSです。






DISCOVERING WHAT IS SACRED 


A Yoga, Meditation and Philosophical Immersion with 
ELIZABETH ROSSA, Founder/Director of Shriyoga, NYC


SUNDAY, November 18th | 9:30am-12:00pm


Invite the regenerative energy of a mindful exploration of what is genuinely sacred in your life. We, as embodied beings are blessed with the the ability to experience ourselves as both as that which is observing and that which is being observed. This contemplative and challenging practice will explore the internal forms of yoga through a sequence of poses based in the exquisite Ashtanga tradition as taught by the wildly intelligent, Richard Freeman.  Pranayama and subtle meditation techniques will also be introduced to encourage an expansion of awareness through every cell of your body/mind, while cultivating curiosity and wonder in the experiment of the practice. This workshop will also creatively explore inversions and the finishing asanas. Very often, these postures can be ignored or rushed in a typical yoga class. Therefore, this will be a great opportunity to unpack and relish some of the most grounding and healing poses of the practice.  All levels welcome.



タントラヨガ・瞑想&哲学


1:30pm 〜4:00pm


なぜ、瞑想するのか?
 その答えはとてもシンプルです。ただその瞬間に身を任せる為です。そのシンプルな答えこそが客説的に複雑感を齎すかも知れません、なぜなら私達の人生は常にアイディア、交換、人間関係などで一杯だからです。

このワークショップでは、静止し、ただ存在し、存在を開花させる事を感じて行きますbeing and becoming。素晴らしいタントラヨガの教えでは、私達の存在は常に脈動していて、終わる事の無い、全ての人、全ての物と繋がる純粋な意識であると言っています。このワークショップを通して内側の静けさを探究しましょう。

 


1:30pm-4:00pm


The question, "Why Meditate?"  seems to be a growing topic in conversation, and the simplest explanation might be to just be
And, the simplicity of that explanation also presents a paradoxical complication as our lives as we know them are a constant flow of ideas, exchanges and relationships.


Please join Elizabeth as we take the time to pause and contemplate both being and becoming, for the great tantric traditions present our existence as a pulsing, creative, never-ending unfolding of consciousness as everything and everyone.

 

受講料|各WS|¥4500|Register here for English


 

 

 

 

 

 

エリザベス・ロッサ


 

ニューヨーク、トライベッカにあるシュリヨガスタジオのオーナー/ディレクターであるエリザベスは、11年前にエリック・シッフマン、マックス・ストロムの元でヨガの先生の資格を所得した。エリザエベスがオーナーであるシュリヨガは、2005年にニューヨーク・マガジンにより次世代のベストヨガとして選ばれている。その他、ゴサム、タイムアウト、リアルシンプルなどと言った数多くの雑誌にも取り上げられている。

 

エリザベスは、ヨガの生徒そして先生としてコミットしている。2005年以来彼女のメンターでもある、瞑想とタントラ哲学のマスター、サリー・ケンプトンに莫大な影響を受けている。

 

2011年にリチャード・フリーマンとメアリー・テーラーのアシュタンガ・ヴィンヤサフローヨガの200時間トレーニングを修了し、今ではリチャード・フリーマンより伝授された新たな知識が彼女の伝えるヨガへ影響している。2012年もこの素晴らしい二人の先生の元でヨガの教育を継続している。サリー、リチャード、メアリーこの3人の先生は現代のスピリチュアル・ワールドにおいて正真正銘の先生達であり、3名の先生に教えて頂いたヨガティーチャーとしての誠実さ、intergrity "ヨガの先生の意味" "ヨガを伝えるとはどう言う意味" かが彼女のティーチングの基盤となっている。

この他にも、ヨギバジャンの教えによるクンダリニーヨガの認定、霊気マスターシップと言った多才なバックグラウンドを持っている。アディア・シャンティとのサイレント・リトリートと自己への問いかけの練習も彼女の教えに影響している。

ヨガ、瞑想、自己への問いかけの先生として、自由で、明瞭な場を保ちながら、古代的で難解なヨガの教えを現代的に明確に伝えるように、心がけている。生徒さん一人一人が、静止し呼吸を感じ好奇心を高め内側の声を聞くよう、今この瞬間を感じられる様に導いている。


自身がオーナーであるニューヨークのシュリヨガでクラスを持ちながらも、世界各国でリトリートなども開催している。オープンセンターの職員でもあり、クリパルヨガ・センターでも、ゲストプレゼンターとして活動している。

 




 

Copyright(c) 2006-2012 Yoga Spot All Rights Reserved.