ティーチャートレーニング



ヨガスポット認定ヨガ講師養成講座のよくあるご質問

基本的に各ヨガティーチャートレーニングのプログラム内容、申込方法、受講料等々の詳細は各トレーニング詳細ページに記載されています。このページもしくは各プログラム詳細ページにご質問のお答えが掲載されていない場合はお気軽にお問い合わせください。



YOGA SPOT認定のヨガティーチャートレーニングは基礎となる200時間トレーニング修了後も、高等なヨガ教育を継続して提供しています。基礎となる200時間プログラムを修了後、ヨガの学びを続ける事がヨガのエキスパート"プロ"となるための適切で必要な段階と考えます。

当校はヨガの"プロフェッショナル"を養成すべく、200時間のヨガトレーニングに留まらず、基礎となる200時間を修了後もさらにヨガの奥深い叡智を深め、ヨガの各分野のエキスパートからヨガを学び、練習を深める300時間&500時間の高等トレーニングを提供しています。

ヨガ講師養成講座300時間・500時間プログラムは興味のあるトピックのモジュールを組み合わせ、各人に合うトレーニングプログラムをカスタマイズし、構成していただき、300時間又は500時間を積み上げていくシステムです。興味のあるテーマのトレーニング、モジュールを組み合わせ、各人に合うプログラムを構成し、時間を積み重ねて行き、ヨガのエキスパートとして成長していくプログラムです。



ヨガスポットのRYT500(全米ヨガアライアンス登録講師500時間)ヨガ講師養成講座はモジュール(プログラム)別に単位・時間を積み立てて行く方法を日本で最初に取り入れた、とても画期的なシステムです。



深くて、多様なヨガの叡智をトピックごとに分けてモジュール(プログラム)を提供しています。ヨガの中でもヴィンヤサヨガ、アサナ、ヴェダンタ哲学、タントラヨガ、解剖学、アーユルヴェーダ、ナダヨガ、音のヨガ、バクティヨガ、キルタン、マントラ、瞑想、ヨガニドラ、リラクゼーション等々の様々なトピックがあります。幅広く様々なトピックのモジュールを受講し、多様な知識を身に付ける事も可能ですし、興味のある分野に集中し、そのトピックのスペシャリストとしての教育を受ける事も可能です。

例えばヴィンヤサヨガのスペシャリストになりたい方はヴィンヤサヨガのモジュールを集中的に受講し、単位・時間を積み上げる。音のヨガ、ナダヨガ、バクティヨガ、キルタンに興味がある、ナダヨガのスペシャリストを志望する方はナダヨガ、音のヨガ、バクティヨガのモジュールを集中的に受講していただき、各人に必要なプログラムをカスタマイズし、300・500時間を積み上げて行き、ヨガと言う広大なアートの中のナダヨガのスペシャリスト、タントラヨガ、アサナ(ポーズ)等々のスペシャリストとして成長していく事が可能なヨガスポット特有のプログラム構成です。


Q. ヨガスポット認定ヨガティーチャートレーニングのプログラム案内、パンフレットを郵送していただけますか?

A. 当校のヨガティーチャートレーニングの案内は全てペーパーレスで行っております。ヨガティーチャートレーニングに関する全ての案内、概要、詳細、日程、受講料等の情報は弊社ホームページのティーチャートレーニングページに明記されております。ホームページ内に記載のない情報で他にご質問、ご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせください。


Q. 1単位は何時間ですか?

A. 1単位=1時間



Q.
トレーニングを受ける際1年以上の練習がないと受講できませんか?



A.学びたいという気持ちがあれば大丈夫です。




Q.ヴィンヤサスタイルのプラクティスの経験がないのですが大丈夫ですか?



A.トレーニング開始前にヨガスポットにてヴィンヤサクラスを受講されることをおすすめいたします。

トレーニング開始前に練習を始めていただく事をサポートさせていただくために、ティーチャートレーニング申込者には無料回数券をプレゼントしております。




Q.授業はどのようにすすみますか?



A.各モジュールの内容に沿って授業を進めていきます。

午前中はアサナのプラクティス、休憩を挟み、午後は講義、実技、実践、ティーチングラボ等々のメニューとなっております。




Q.トレーニングについていけるか心配なのですが。



A.トレーニングは段階を踏んで進んでいきます。何事にも挑戦は付きもので、ご不安もあるかと思いますが、全力で皆さんをサポートいたしますのでご安心ください。受講生がトレーニングについていけなくなると言う事は今までもなかったですし、皆さんにとって有意義な時間になるプログラム内容です。




Q.欠席しなければならない場合の単位はどうなりますか?



A.ハタヨガティーチャートレーニング50時間、月のフローティーチャートレーニング40時間の場合は出席された時間で認定書を授与いたします。例:3時間欠席の場合は認定書に47時間と記載されます(ハタヨガTT50時間の場合)

ヴィンヤサフローティーチャートレーニング200時間の場合は欠席された時間を来期トレーニングで再受講していただく形になります。再受講料1日1万円。再受講不可能な場合は出席された時間で認定書を授与いたします。




Q.トレーニングを修了すれば全米ヨガアライアンスに登録できますか?



A.当校は全米ヨガアライアンス200時間&300時間の登録校です Registered Yoga School RYS 200 & 300
トレーニング終了後、最終試験(課題)に合格していただき、全ての過程を修了していただきますと各自で全米ヨガアライアンスへの登録講師 Registered Yoga Teacher:RYT 200 もしくは RYT 500として登録が可能となります。

ヨガスポットの200時間プログラム認定書(ヴィンヤサフローヨガティーチャートレーニング200)で全米ヨガアライアンスへRYT200として登録可能。

ヨガスポットの200時間プログラム認定書&300時間プログラム認定書(モジュール受講形式で単位をつみ立てて行くシステム)を合わせて全米ヨガアライアンスRYT500として登録可能。



Q.試験はどのようなものですか?



A.ブックレポート、筆記試験等で構成されています。トレーニング中に学んだ事の出題となりますので、真剣にトレーニングに参加していただけていれば問題はありません。これまで、TT卒業生が皆通ってきた道なのでご安心ください。




Q.全米ヨガアライアンスへの登録はどうしたらよいですか?



A.RYTとしての登録は全米ヨガアライアンスのホームページより各自で行ってください。



Q.ヨガスポットにて全米ヨガアライアンス登録200時間のトレーニングを修了しています。全米ヨガアライアンス登録講師500・RYT500に進むためにはどうしたら良いでしょうか?

A.まずはこちらから500時間プログラムへご登録ください。ヨガスポットで随時開催しているヨガティーチャートレーニングのモジュールを270時間分(コンタクト時間)を受講、残30時間は(ノンコンタクト時間)最終試験を受けて頂き、300時間修了となります。ヨガスポット認定のヴィンヤサヨガTT200時間の認定書&300時間の認定書で全米ヨガアライアンスへRYT500として登録可能です。


Q.他校にて全米ヨガアライアンス登録講師200時間、RYT200のトレーニングを修了しています。ヨガスポットで300時間のトレーニングを修了後、全米ヨガアライアンスRYT500への登録はできますか?



A.はい、可能です。ヨガスポット認定のヨガティーチャートレーニング300時間プログラムヴィンヤサフローティーチャートレーニング200+残100時間をモジュール受講形式の単位つみ立てシステム)を修了後、300時間の修了証授与となります。

当校の300時間の認定書&他校の全米ヨガアライアンス登録のヨガ講師養成講座200時間の認定書で(全米ヨガアライアンス登録講師)Registered Yoga Teacher RYT500 の登録が可能になります。他校からの200時間プログラムの認定書をお持ちでも、当校の300時間プログラムを修了する事で当校から300時間プログラムの認定書を発行いたします。原則的に300時間プログラム修了生には500時間の認定書は発行できません。

ヨガスポット認定のヨガティーチャートレーニング300・500時間プログラムへはこちらからご登録ください



Q.300時間・500時間ヨガティーチャートレーニングを修了する期限はありますか?

A.特に期限はありません。例えば1、2年かけてティーチャートレーニングを修了(300時間プログラムは100時間分のモジュール受講、500時間プログラムは270時間分のモジュール受講)される方もいらっしゃるかもしれません。各プログラムの間に大きな間を開けず、タイミング良く、プログラムをご受講される事をおすすめいたします。1年間に少なくても1モジュール(プログラム、トレーニング)をご受講される事が好ましいです。

但し最後にモジュールを受講してから3年間1つもモジュールを受講されていない方はそれまでに所得した単位が全て無効となりますのでご注意ください。


Q. RYT500認定の費用は大体どれ位ですか?

A.受講予定のモジュール(プログラム)によって受講料が異なるため、大体の目安でしかお答えができません事を予めご了承くださいませ。

•200時間プログラム=45万円
•40~50時間モジュールx1が10万円前後

200時間プログラム+
•300時間プログラム(残270時間)=40~50時間プログラムx6を受講=60万円前後




その他ご質問等ございましたら、お気軽にご相談ください。



Copyright(c) 2006-2012 Yoga Spot All Rights Reserved.