Kundalini Yoga Morning Sadhana

 

 

朝のサダナ

クンダリーニヨガ、モーニングサダナ

 

 

Kundalini Yoga Morning Sadhana

 

 

クンダリーニヨガのプラクティスの要、朝のサダナ。“朝のサダナ” を味わってみませんか?サダナとはスピリチュアル・プラクティス/練習・訓練という意味です。一日のプラクティスの中でも、早朝に行うサダナは効率よく心と体を浄化し、あなたの波動を整えます。昼間や夜に行うサダナと朝に行うサダナでは体と心で感じる効果が違ってきます、このチャンスを使って朝のサダナのパワーを感じてみてください。

 

まずサダナとは何でしょうか?サダナとは練習やプラクティスを意味します。特に朝、日の出の2時間半前からヨガを行うと、太陽の角度や周りの静かな環境により、一日の中でも特に効果が高いと言われています。

 

クンダリーニヨガは社会生活をする人のためのヨガです。少し早起きして、自分のための時間をとり、体、心、魂を整え、エネルギーを満たしてから一日を始めます。

 

クンダリーニヨガのマスター、ヨギ・バジャン師は、どのように効率よくサダナを行うか、その例を挙げてくれました。

 

冷水シャワーを浴びて全身の血行を良くし(整理中.妊娠中は温水)、チャクラを整えるジャプジィを音読します。クンダリーニヨガのクリヤ(浄化法.ヨガセット)を行い、からだをほぐし、エネルギーをめぐらせます。少し休憩した後でマントラのチャンティング(詠唱)を行います。深い瞑想状態でマントラを唱えると、 心が大きく広がるのを感じるでしょう。最後に心からの祈りを、自分なりのやり方でささげて終わります。

 

毎日同じルーティーンを繰り返すので、何も変化がないように感じるかもしれません。しかし毎朝のサダナを習慣にし、自分自身との約束を守る事を重ねることで、自分の中の怠け癖やエゴや、阿呆さ加減といったものを克服していくことができるのです。

 

サダナとはそれが全てなのです。

 

ヨギ・バジャン師の教える全ては2012年の時代の変わり目に向けての備えという目的を持っていました。過去2000年間続いたパイシーズ(うお座)の時代は2つの極が対立する時代でした。戦争と平和、男と女、西洋と東洋、支配するものとされるもの、持つものと持たざるもの・・・

 

2012 年から始まるアクエリアス(みずがめ座)の時代では、古い価値観、つまりうお座の時代の価値観が全く通用しなくなります。みずがめ座を表す絵を思い浮かべてください。大きな水がめから豊かな水があふれています。水は電気や情報を意味します。ほしい情報にすぐにアクセスできる時代、知識を隠しておく事ができない時代なのです。

 

1970年ごろからこの変化の息吹が世界をめぐり始め、今、2011年、潮目が確実に変わってきていることを多くの人々が実感しているでしょう。

 

インターネット技術の発達のおかげで、環境や政治や経済などの問題は表に現れ、昔のように隠しておくことができません。

 

2012 年が来ても世界は滅びない、と師は言いました。私たちの持っている価値観が滅びるのだ、と。この時代の変化を無事に乗り越えるために、そしてただ乗り越えるのではなく自らが光となって周囲の人々を助け導くために、2012年までの1年弱、特にしっかりと朝のサダナを実践しましょう。

 

Yoga Spotでは朝のサダナのやり方を詳しく学んで実践できるクラスを開催しています。

 

『朝のサダナ』を体験し、毎日続けることで・・・

 

•毎日元気いっぱいになります

•自分の人生を自分でコントロールできるようになります

•高い意識を保持できるようになります

 

サダナは・・・

 

•ハイドロセラピー

•チューニング

ヨガのエクササイズセット

•7種類のマントラのチャンティング

クロージングソング

などから構成されています。

 

朝のサダナにお勧めの基礎的なエクササイズセットと、ヨギ・バジャンが2012年まで唱えるよう指示を残したアクエリアンエイジのためのチャンティングの実践です。グループで行うサダナの力を実感できるでしょう。

 

毎日の生活の中にクンダリーニヨガを取り入れるための方法を学ぶ、最高のチャンスです。ヨガの練習を深めたい方、クンダリーニヨガに興味のある方、連休中に新しい事にチャレンジしたい方におすすめのワークショップです。

 

またマントラを唱えながらの瞑想は、音の効果に興味がある方にも興味深いでしょう。

 

皆様の参加をお待ちしています。

 

 

 

戻る

 

 

Copyright(c) 2006-2012 Yoga Spot All Rights Reserved.